ラグビー最高峰「ティア1」に日本が昇格って本当!?誰が決めて、いつ入れ替わる?

日本ラグビー界にとって、またしても新たな伝説が幕を開けようとしている・・・!?

日経新聞が『ラグビー日本「ティア1」に アジア初、強豪国認定へ』と題し、日本がティア1に昇格することを報道している。

ラグビー日本「ティア1」に アジア初、強豪国認定へ(※有料購読)

これが本当なら、日本ラグビーにとって非常に大きな躍進といえるでしょう。

そもそも「ティア制度」はラグビー界の階級制度のようなもので、その中でも「ティア1」は絶対的な位置付けをしています。

ティア2の入れ替えはあっても、ティア1に追加される(あるいは入れ替わる)ことが、しかもそれが日本とは・・・。

ラグビー界にとっては、まさに激震が走るような出来事です。

ただ、現時点では日本がティア1に入っているわけではありません。

現在は「約束」されたティア1昇格

今の時点では、ビル・ボーモントによってティア1に昇格する予定が報じられています。

ビル・ボーモント氏は、現在のワールドラグビー会長

日本と協議した結果としてティア1入りを日本ラグビーフットボールユニオン(JRFU)に約束をした、としています。

ティア1選考の具体的な方法はわかっていませんが、日本側と協議されるもの、なのでしょうか。

少し変わった表現だなとは思います。

また、ビル・ボーモント氏はこの「ティア制度」を撤廃するような意向であることも示しています。

ラグビー新大会創設、再び目指す 再選のWRボーモント会長が会見

いずれにせよ、この報道が事実だとすると、いつから日本はティア1入りをするのか注目したいところです。

数日以内に続報が出るようなので気になりますね。

現在のティア1に属している国の一覧

2020年現在、ティア1に属している国はこちらの10ヵ国です。

  • ニュージーランド
  • イングランド
  • オーストラリア
  • アイルランド
  • 南アフリカ
  • ウェールズ
  • スコットランド
  • フランス
  • アルゼンチン
  • イタリア

日本がティア1入りを果たすとなった場合、このティア1の国々に追加されるのでしょうか。

もしくは、どこかの国がティア1から外れ、日本がそこへ入れ替わるのでしょうか。

はたまた、ティア1の国が一気に総入れ替えするような事態が起きるのでしょうか?

スポンサーリンク

シェアする

フォローする